「凄麺 京都 背脂醤油味」の食べ方リスト

1箱買ったのでやっていきます。

写真は面倒くさいのと必要ないのとで撮ってません。

普通に食べる

背脂と醤油の味がして美味い。

基本的に背脂と醤油は美味いので背脂と醤油の味がすると美味いです。

凄麺だと佐野ラーメンが好きなんだけど、あれはちょっとスープが薄いんだよなあ。

ただ、佐野ラーメンは"かやく"が良くて、チャーシューとメンマなどの質が良い。真空パックみたいななにかで入ってるし。

京都背脂醤油はチャーシューなどの存在感が皆無ですね。まあ気にしてはいけない。

なんかそこらへん全部クオリティ高いので揃えました!みたいな商品が出てほしいなあ。多少値が張っても買っちゃうと思う。

よろしくおねがいします。

七味唐辛子を突っ込む

ところでこのラーメンは唐辛子が若干入っているらしく、喉のあたりで刺激を感じることがあります。

とはいえ言われないと気付かないレベルなのでブーストしてみたいところ。

さて、たまたま手元に七味家本舗の七味唐辛子があったのでやっていきましょう。

ちなみに七味家本舗のそれは山椒の香りが強いので合わない人はやめたほうがいいでしょう。

本来ならもっと高級(?)な場で使われることを想定されていたはずの七味がいまカップラーメンに振りかけられようとしています。

まあ無視して小袋からバサーしたところ山椒の香りが鼻をついてムムッとなりましたが食べてみると期待通りブーストされてかなり効果がありました。よかった。

京都風のラーメンに京都の七味を投入して不味くなる訳が無いので当然ですね。京都+京都で2京都です。

今後は毎回投入するようにしましょう。

味の素を突っ込む

さて、エントリの最初で「背脂と醤油は美味い」と書きましたが味の素も美味いです。美味いので、たまに味の素単体で舐めたりしてます。

なので背脂と醤油と味の素の味がしたら美味いんじゃないかなと思いました。よかったですね。やりましょう。

味の素は量の調整が重要なので少しずつ様子を見ながら投入しましょう。

…と結局曖昧になってしまったのですが、元々の背脂と醤油が強力なので味の素はそこまで意味を為しませんでした。

今後は使い所を選んで使いたいですね。

油そば

さていよいよ変わり種が出始めましたね。

背脂と醤油と来たら即油そば化を検討したほうが良いです。やっていきましょう。

まずお湯を抜くための穴を開けておきます。もしくはザルを用意しましょう。

それと、お湯は捨てる前提なので気持ち多めに入れてパワーを出してあげます。

通常だと5分なんですが4分くらいでいいと思います。お湯を切ったら以下のものを投入します。分量は曖昧です。入れたくなかったら入れなくてもいいと思います。よくわからない。

  • ごま油
  • 味の素
  • 七味唐辛子

次に液体スープを入れるのですが、ここでどれぐらい突っ込むかが極めて大事なので分量調節を頑張ってください。私は曖昧に入れました。

では食べましょう。

はい。基本的に背脂と醤油が美味いのは説明しましたね。ごま油も美味いです。塩も美味いです。

なので美味いです。良かったですね。

卵黄とか入れても面白いかもしれない。その場合はスープ多めにすると良い気がしますね。

つけ麺化

つけ麺って美味しいですよね。やりましょう。

今回もお湯は切るので油そばと同様になんかします。

で、肝心のスープなんですが、とりあえず先に熱湯に突っ込んで温めておくと良さそう。

そしてとりあえずスープに突っ込んだ物。分量は曖昧。

  • ごま油
  • 味の素

で、あとはお湯で濃さを調整。

麺はお湯切ったら一旦水で締めるべきかなと思ったのでやります。熱盛にしたい場合はそのあと再度お湯に通すと良いと思います。

では食べましょう!

はい。奇跡的に味の濃さを一発で調整できたので美味いです。麺が細いのでスープが即ぬるくなるみたいなのも無いし快適に食べれます。

あとつけ麺と言えば七味唐辛子ですね。銀座いし井とかにある黒七味とかが家にあると最高だと思う。

けど無かったのでこの前と同様に七味家本舗のやつ使いました。まあ安定して美味い。

ただ難があり、麺がダマになりやすいんですよね。水で締めたあとにごま油あたりをさらりとかけて混ぜるくらいはしても良いかもしれません。

これは普通ならパスタでかつオエクストラヴァージンなオリーブオイルを用いて使用するテクニックなのですがまあ曖昧で良いでしょう。

終わりに

だいたいこんなところでしょうか。

個人的にはつけ麺が美味いと思いましたが、若干作るのが面倒なので普段は通常通り作って七味唐辛子をぶっ込むぐらいしかやらなそうだな〜という感想です。

ちなみに佐野ラーメンだと油そば化がかなり安定して美味いのでオススメです。

終わり