読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記 2016/8/27

日記

日付が変わるか変わらないかという時間帯に1人で新橋に出向いた

目当ては揚州商人という店で、ワンタンとラーメンがとんでもない美味しさなのである

深夜だと言うのに街には人が多数おりキャバクラなどの客引きもまた同様であった おれは客引きに声を掛けられるたびに不快な思いをしてなぜ行きたい店に辿り着くためだけにこんな苦難を受けなければいけないのかと辛くなった

ゼエゼエと息を切らしながらようやく到着して席につく

即座にウーロンハイと皿蝦ワンタン、そして担々麺を注文した

揚州商人のラーメンは麺の種類を選ぶことができ、おれはもっぱら刀切麺と呼ばれる極太のそれを選んでいる

ウーロンハイが即座に提供されるのと同時に

「皿蝦ワンタンのソースが無くなっていて、ソース無しでなら提供できるのですが…」

と言われた

おれは少しがっかりしながらも卓上の醤油と具入り辣油を目にして

「それで構いませんのでお願いできますか」

と頼んだ

しばらく待つとワンタンが出てきたので醤油と辣油をかけて口に運ぶ

普段のソースじゃなくても当然のように美味く、たまにはこういうのもありかと思った

そして本命の担々麺が到着し、ウーロンハイをチビチビとやりながら食べきった 肉味噌が美味い

さて、注文したものは食べきったがいまいち腹が収まらない…

ワンタンとメンマを追加で注文することにし、ウーロンハイをお代わりした

まるでオッサンのような楽しみ方だな… と思いながらチマチマとやると幸せな気分になり、おおいに満足したので食べきると同時にそそくさと退散した

お会計は2500円ほど

大人数での飲み会は苦手だが、1人で飲みに出るのは悪くないなあと思いながら店を出て歩いているとアジア系の女性に「オニサン、マッサージ、マッサージ、ドウデスカ?」と声を掛けられた

せっかくの楽しげな気分をぶち壊しにされて悲しくなりつつも帰路についた

終わり